飲泉処ゆのか

飲泉処ゆのか

自家源泉を「飲泉」に。

温泉には「飲む」という利用方法もあります。とりわけ質の良い飲用に適した温泉は

「重曹泉」です。体の外から内から自慢の湯をご堪能ください。

飲泉方法と注意事項

1.
飲用の1回量は100ml~200ml程度とし1日量は200ml~1,000mlまでとしてください。
2.
食前の30分前~1時間にお飲みください。
3.
夕食後から就寝前の飲用はなるべく避けてください。
4.
その他、温泉療養に関しては、必要に応じて医師の指示を受けてください。

泉質・温度

ナトリウム・カルシウム・マグネシウム- 塩化物・炭酸水素塩泉
(中性低張性高温泉)(旧泉質名:含食塩・重曹- 塩化土類泉)
温度:56.4度

飲用時の禁忌症

腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの

飲用時の禁忌症

慢性消化器、慢性便秘、糖尿病、痛風、肝臓病。
※備え付けの紙コップは約200mlです。

たきもとのおいしい水について

おいしさの基準にはもちろん個人差がありますので一概には言えませんが、多くの人が「おいしい」と感じる水には一定の水質特性があるのです。
以下は「おいしい水」の要件をまとめた一例です。

おいしい水の要件 たきもとのおいしい水
水温(℃) 20以下 13.8 体温 -(20~25℃)がよいとされています。
総硬度(mg/l) 10~100 41 高い水は好みが分かれます。
蒸発残留物(mg/l) 30~200 140 こくとまろやかさを左右します。
有機物等(mg/l) 3.0以下 0.5 多いと渋い。塩素添加物量も増えるのでまずくなります。
臭気強度( – ) 3以下 0.5 カビ臭、腐敗臭など不快なにおいは味にも影響します。
遊離炭酸(mg/l) 3~30 9.2 適量なら清涼感がでますが、多いと刺激になります。
残留塩素(mg/l) 0.4以下 なし 消毒のために0.1以上は必要です。

たきもとのおいしい水について

おいしさの基準にはもちろん個人差がありますので一概には言えませんが、多くの人が「おいしい」と感じる水には一定の水質特性があるのです。
以下は「おいしい水」の要件をまとめた一例です。

水温(℃)
おいしい水の要件 20以下
たきもとのおいしい水 13.8
体温 -(20~25℃)がよいとされています。
総硬度(mg/l)
おいしい水の要件 10~100
たきもとのおいしい水 41
高い水は好みが分かれます。
蒸発残留物(mg/l)
おいしい水の要件 30~200
たきもとのおいしい水 140
こくとまろやかさを左右します。
有機物等(mg/l)
おいしい水の要件 3.0以下
たきもとのおいしい水 0.5
多いと渋い。塩素添加物量も増えるのでまずくなります。
臭気強度( – )
おいしい水の要件 3以下
たきもとのおいしい水 0.5
カビ臭、腐敗臭など不快なにおいは味にも影響します。
遊離炭酸(mg/l)
おいしい水の要件 3~30
たきもとのおいしい水 9.2
適量なら清涼感がでますが、多いと刺激になります。
残留塩素(mg/l)
おいしい水の要件 0.4以下
たきもとのおいしい水 なし
消毒のために0.1以上は必要です。

Comments are closed.