【2020年度版】秋の御膳をご紹介します

今回の滝本だよりでは、11月末までご提供予定の「秋の和食会席膳」をご紹介いたします。
お部屋食プランの「滝本御膳」と、湯の里プランの「湯の里季節の御膳」を、そしてそれぞれのお膳からおすすめの品々と併せて紹介いたします。

まずはお部屋食、第一滝本館の御膳の中でも最高のものを揃えました「滝本御膳」です。

「滝本御膳」のおすすめはこちらの2品です。

「秋の前菜」
まぁるい月に見立て卵黄を練り込んだ「月見豆腐」や、口の中でまろやかな甘みが広がる旬の無花果(いちじく)と絹ごし豆腐の白和えなど、目でも味わう実りの品々を揃えました。


「めぬけ松前焼き・丸茄子田楽焼き・野菜丸柚子 雲丹殻焼き」
賑やかに盛り付けた一品一品が 美味しさを放つ焼き物です。

続きましてお食事処「湯の里」より「湯の里季節の御膳」です。

「北寄貝押し寿司」

赤と白 鮮やかなコントラストが美しい北寄貝の押し寿司です。

最後に、料理長に聞いた秋のお膳の「こだわり」を紹介します。

―各お膳には、食材に北海道産をふんだんに使った他、旬の食材もバランスよく集めて使っています。
食材だけでなく秋を感じられる見た目にもこだわりました。

味付けには当館の飲泉「重曹泉」を使い、まろやかに整えて提供しております。食材として「飲泉」を使っているのは第一滝本館ならではです。

また、少量ずつさまざまな味付けを施し最後まで飽きずに楽しんでいただけるお品書きになっています。
ひとつひとつに料理人が手間をかけたお料理を皆様の元にお届けいたします。

旬の食材をふんだんに使った美味しいお料理をご用意して、皆様のご来館をスタッフ一同、心よりお待ちしております。
【ご予約はこちらからどうぞ】