饮泉处汤之香

饮泉处汤之香

自家源泉作为“饮用泉”。

温泉也可以通过“饮用”来享受。“碳酸氢钠泉”非常适用于于饮用。从身体的内外来享受高品质的温泉吧。

饮用温泉水时的方法和注意事项

1.
一次可饮用的量在100ml〜200ml以内,一天的饮用量请控制在200ml〜1,000ml以内。
2.
请在饭前30分钟〜1小时之间饮用。
3.
请尽量不要在晚餐后到睡觉前饮用。
4.
其他的温泉疗法按照需求请遵医嘱。

温泉水质・温度

钠・钙・镁- 氯化物・碳酸氢盐泉
(中性高渗性温泉)(温泉旧类型名称:含食盐・碳酸氢钠- 氯化物泉)
温度:56.4度

避免饮用的禁忌症

肾病、高血圧、其他常见的肿胀

适合饮用的病症

慢性胃肠病、慢性便秘、糖尿病、痛风、肝脏疾病。
※配备的纸杯容量大约为200ml。

关于泷本美味水的介绍

有关美味的评判标准因人而异,所以无法用一句话来概括。许多人觉得水非常「美味」的时候,其实在水质上是有一定的特性的。
以下是对「美味水」进行的一个小总结。

美味水的条件 泷本的美味水
水温(℃) 20以下 13.8 据说体温在 -(20~25℃)是最好的。
总硬度(mg/l) 10~100 41 硬度不同喜好也会有差异。
蒸发残留物(mg/l) 30~200 140 会影响浓郁度和芳醇口感。
有机物等(mg/l) 3.0以下 0.5 多的话会苦涩。同时余氯的含量会偏高,这样就会影响口感。
臭气强度( – ) 3以下 0.5 霉味、腐臭味等令人不适的气味也会影响口感。
游离碳酸(mg/l) 3~30 9.2 适当的量会给人一种清凉感,过多就会带来刺激感。
残留塩素(mg/l) 0.4以下 なし 为了消毒需要超过0.1的量。

たきもとのおいしい水について

おいしさの基準にはもちろん個人差がありますので一概には言えませんが、多くの人が「おいしい」と感じる水には一定の水質特性があるのです。
以下は「おいしい水」の要件をまとめた一例です。

水温(℃)
おいしい水の要件 20以下
たきもとのおいしい水 13.8
体温 -(20~25℃)がよいとされています。
総硬度(mg/l)
おいしい水の要件 10~100
たきもとのおいしい水 41
高い水は好みが分かれます。
蒸発残留物(mg/l)
おいしい水の要件 30~200
たきもとのおいしい水 140
こくとまろやかさを左右します。
有機物等(mg/l)
おいしい水の要件 3.0以下
たきもとのおいしい水 0.5
多いと渋い。塩素添加物量も増えるのでまずくなります。
臭気強度( – )
おいしい水の要件 3以下
たきもとのおいしい水 0.5
カビ臭、腐敗臭など不快なにおいは味にも影響します。
遊離炭酸(mg/l)
おいしい水の要件 3~30
たきもとのおいしい水 9.2
適量なら清涼感がでますが、多いと刺激になります。
残留塩素(mg/l)
おいしい水の要件 0.4以下
たきもとのおいしい水 なし
消毒のために0.1以上は必要です。

Comments are closed.